杉並区の行政書士が建設業・宅建業・風俗営業の許可申請を徹底サポート。

宅建業免許申請

TOP宅建業免許申請

宅地建物取引業免許

宅地建物取引業とは

宅地建物取引業(いわゆる不動産業)とは、宅地又は建物について次に掲げる行為を業として行うものをいいます。

  • 宅地又は建物について自ら売買又は交換することを業として行う
  • 宅地又は建物について他人が売買、交換又は賃借するにつき、その代理若しくは媒介することを業として行う

つまり、自分の所有する物件を人に貸しているだけというのであれば、宅建業免許は必要ありません。

許可の種類

大臣許可と知事許可

宅地建物取引業許可には、知事許可と大臣許可があります。

  • 建設業を営む営業所が、一の都道府県のみにある場合は知事許可
  • 二以上の都道府県にある場合は大臣許可

許可の要件

1.宅建業免許を受けるものが欠格事由に該当しないこと
2.申請者が法人の場合、定款及び商業登記簿謄本に宅建業を営む旨の記載があること
3.事務所が独立した形態であること
4.政令で定めている使用人が常勤していること
5.専任の取引主任者を設置していること

宅地建物取引業許可の更新

宅建業免許の有効期間は5年です。

5年を経過すると自動的に免許の効果は失われてしまいますので、継続して宅建業を営むためには、有効期間満了の日の90日前から30日前までの間に免許更新の申請が行う必要があります。

メールでのお問い合わせ

お名前*

メールアドレス*
内容*

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional